(毛布)猫がトイレと勘違いするのは・・・やはり臭いが残っているからだと

VOL.155

Tさん

猫のオシッコ臭が消えた
飼っているオス猫が同じ毛布にオシッコをするので、
その都度熱湯をかけてクエン酸で洗っておりましたが、
猫がトイレと勘違いするのは
毛布が掘りやすいこともあるけれどやはり臭いが残っているからだと
自分なりに結論づけ、購入に至りました。

オシッコの刺激臭が僅かに残る部分に
100倍希釈したものをびちゃびちゃになるまで塗布し、
浴室に干してみましたが、
浴室換気扇が仇となったか全く効果が得られず。

次に、びちゃびちゃにした後に洗濯乾燥機に放り込みましたが、
刺激臭が弱くなったかなあ程度。

その次は、びちゃびちゃにした後に時間をかけて室内で干したところ
、その部分だけ臭いがかなり薄くなっておりました。

最後は200倍希釈にしてびちゃびちゃにし、
自然乾燥させたところ、臭いがなかったことになりました
。時間の経った臭いのもとは、
時間をかけないと納豆菌も分解しにくいのでしょうか。

しかしこれは買いですね。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

担当より

時間がかからないと消臭できない

これはバイオ消臭剤の特徴を表した言葉ですね

アンモニアを納豆菌が分解できるのは
納豆菌が生命活動を送れるからですが
増殖していくスピードも速くて30分以上かかりますから
アンモニアを餌としていても
すぐになくなるわけではありません

それなりの時間が必要ということです

ですから
基本はすべて自然乾燥
納豆菌が働く時間を確保しなければいけません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする