最初の年は大して気にならなかったカビが、この冬大量発生・・・。


VOL.189

Gさん

転勤で現在の賃貸マンション1階に引っ越してきて丸2年。

最初の年は大して気にならなかったカビが、
この冬大量発生・・・。

北側の部屋やトイレの壁、
隣室との境の壁など
いくら換気に注意して掃除してても次々と出てきて、
ノイローゼになりそうでした。

バイオミックスを見つけ、
300gと専用袋も購入し使用し始めて約2週間。

押入れや部屋のカビ臭がなくなり、とっても嬉しいです!

今のところ部屋の壁も、お風呂の天井にも生えてきません。

少々お高く感じますが、
転居費用や労力を考えると人体にも無害ですし、
試す価値あるのでは。

これから梅雨本番なので、
うまく飛散させてカビ対策したいと思います。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

担当 山下から

カビの戦いはエンドレス
このレビューからそう感じます

先日も
宮城県石巻の災害復興住宅に
カビ対策をしたのにかび発生
居住者は病院通いという記事をみかけました。

かび対策をした
市の担当者も大変ショックを受けたようですが
引き渡しまでの期間が少し長かったのでと述べています

わたしからすると
そうじゃなくて
かびはいつでも発生することが前提だと思います

それが当たり前の事実
1立方メートルの空気の中に
普通500個以上のカビ菌が浮遊しているそうです

これではどんなに頑張っても
外からカビ菌は侵入してきて
湿気が多い、温度が高い、養分となるほこりがある
この条件があえばカビは発生し、繁殖するわけです

ですから
日本においては
いつでもカビ対策
こまめに掃除をする、室内の湿度を下げる
これを意識していないと
多くの家でカビの発生率が高くなってしまうわけです

4季折々の楽しみがある国ですが
それゆえ、ある意味カビ天国でもあるわけです

世界中に7万種類のカビ菌
そのうち小さな日本という国に3万種類いるそうですから
ある意味ギネスものかもしれません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする