(実家のカビ対策)築35年の実家の押入れが常にカビ臭く困っていました。

VOL.320

今日は8月13日(月)
お盆で帰省されているかたも多いと思います。

実家のカビ対策について
レビューを紹介させていただきます。

Mさん

満足です!

使って3週間ほど経ちましたのでレポします。

築35年の実家の押入れが常にカビ臭く困っていました。
3,4カ所に設置し、
最初の4日間ほどは特別な変化もなく??な感じでしたが、
1週間目くらいから殆ど臭いがなくなりました。

1か所どうしても臭いが消えない場所がありますが、
最初に比べたら8割くらいは減りましたし、マメに空気を入れ替えるようにすれば気になりません。

そのせいで家全体の古臭い臭いも減ったように思います。

説明書には
カビ取り剤をお茶パックに入れてぶら下げるという方法がありましたが、
お茶パックの網目が大きく、
粉がこぼれるのでおススメしません。

めんどうでしたが、
ヨーグルトの空きパックにアルミホイルをかぶせて
フォークで穴を開け使用しています。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

担当 山下から

今回、紹介したケースはうまくいった例で
バイオミックスはカビの臭いは消せても
畳、木の香りは消せませんから
古民家のどくどくの臭いには
上手くいかないケースも出てきます。

この家では
カビの臭いが強かったから
消えたということでしょうか

それから
お茶パックの件ですが
粉が細かすぎるので確かにこぼれます。

こぼれることは悪いことでなく
それゆえ納豆菌が拡散していくわけですが
部屋が汚れてしまうというけってもあります。

そこでこぼれにくい不織布の袋を
同梱商品として案内しています。

袋を使うと両面から納豆菌が出ますので
一つ当たりの使う量も少なくて済みます。

そのせいか最近は一緒に申し込む人も多くなっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする