(靴と猫)うちのネコは玄関に脱いである靴に粗相をしてしまう困ったチャンで、玄関を開けるとプ~ンと臭っていて困っていました。

VOL.392

Kさん

うちのネコは
玄関に脱いである靴に粗相をしてしまう困ったチャンで、
玄関を開けるとプ~ンと臭っていて困っていました。

ペットのオシッコ用の消臭剤をスプレーしたり、
洗剤を掛けて拭いたりと、
あらゆることをしてきましたが効果なし。

靴を玄関に置きっぱなしにしなくなったこともあるかもしれませんが、
バイオミックスを置いてから、臭いが殆どしなくなりました。

特に拭き掃除もしてないんですけどね。

二階の洗面所がかび臭かったので、
ここにも置いてみたら、
見事に臭いが消えました。

総合して考えると、かなり効いていると思います。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

担当山下より

靴と猫とオシッコ

これらの単語は
けっこう聞く言葉で
いくつも靴を捨ててしまった経験をお持ちの方から
かなりの数、電話をいただいています。

バイオミックスを紹介を始めたころは
粉タイプしかありませんでしたから
水で溶かせて消臭液を作っても
黒っぽい水になって白っぽい靴は汚れてしまいますので
お客様からかなり色がつかないバイオ液を作ってくれというリクエストがありました。

研究者にお願いして
バイオ原液を作ってもらったの17.8年まえでしょうか
原液タイプは粉タイプより10の3乗以上納豆菌の濃度が濃く
100倍に薄めても
靴はもとより、絨毯、ソファ、ベットシーツ
洋服にも使えるようになりました。

あとは配送問題です。

納豆菌が眠った状態で原液の中にあったとしても
夏の暑い時期の配達が心配で
夏の間、全国の知り合いに3,4日かかるメール便で送って
効果が減るようなことはないか
かなりチェックしました。

冷凍便で送れば問題ないのですが
それでは全国どこでも同じ価格で送料無料の
私どもの大原則が壊れてしまいますので
何としても普通郵便送付でやりたかったのです。

希釈してもそのまま使えるように、アルコールをたくさん混ぜて菌の活動を止めることもできますが
ペットや子供たちの安全性を考え原液のまま案内することを選択しました。

幸い暑い盛りの7月に送ったやつでも
常温で置いておいて9月になっても問題なく使えましたので
常温送付で送ることを決め、
少し安全性を内目にみて使用期間を常温で一カ月、冷蔵保存して3カ月として
翌年の春ごろから発売したのです。

それから10数年
経験則的にもう少し長く使えることが分かってきています。

10年以上たった現在では
常温で2カ月、冷蔵保存で6カ月と案内しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする