(山あいの家のカビ臭対策)下駄箱と納戸のカビの匂いが気になり購入しました。

VOL.424

(バイオ原液とバイオミックスの併用)

Kさん

効果ありました。
下駄箱と納戸のカビの匂いが気になり購入しました。

同封されている使用方法の通り、
バイオ原液を薄めて霧吹きでシュッシュと。

その後不織布の袋にバイオミックスを入れて放置。

下駄箱は次の日には匂いが消えてびっくり。

納戸は段ボールとか紙類があるのでどうしてもカビ臭さは消えませんでした。
ので、一旦全て虫干しして壁から天井まで拭き掃除。

その時点では何となくまだ匂いが残るかな?というところでしたが、
またシュッシュして荷物を入れ、
バイオミックスを置いておくと、
次の日に扉を開けたら匂いが消えていました。

山の麓の我が家でも効果ある事にとても嬉しかったです。

発送も早く、注文した翌々日には届いていました。

また無くなったら注文すると思います。
ありがとうございました!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

担当山下から

やはりというか
液体と粉タイプの併用は確かに力がある
思いを新たにしました

山あいの家というのは
どうしても湿気勝ちで
バイオミックスで行うカビ対策
難易度の高い場所となっています。

北側の部屋
地下室
山あいの家
海沿いの家

まだあると思いますが
電話でカビ対策を連絡してくる人に多い場所です。

———————————————–

さて話を戻します。

ご承知の通り
粉タイプのバイオミックスは
ペット、カビ臭

液体タイプのバイオ原液は
ペット、タバコ臭

と、効果については
すみわけをして原液タイプはカビ臭の効能はうたっていません

ですが同じ納豆菌バチルスですから
効果は違うわけでもなく
条件さえあえばバイオ原液でもカビ臭に対して使うことができます

事実、効果をうたって無いにもかかわらず
バイオ原液でカビ対策をする人が増えてきています

条件は
吹き付ける対象に抗菌成分が残っていない
これが条件です

ですから
この方のように
液体、粉タイプを併用すると
しっかりとした効果をあげることができるのだと思います

難点は
両方使うには少しコストがかかること

こればかりは
お客様の判断におまかせするしかありません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする