(猫の粗相対策)自宅で飼っている猫が複数回同じ場所に粗相をしてしまい、

VOL.314

今日は
バイオ原液、バイオミックスの液体タイプのお話です。

白っぽいカーテンやソファ
そんなところに粗相、オシッコをされて困ってる
それも複数回・・・・・

粉タイプを直接かけると色が残るか心配だ、
そんな、お客様の要望で開発したものです。

Sさん

自宅で飼っている猫が複数回同じ場所に粗相をしてしまい、

その度に洗濯をしていたのですが、
やはり匂いが完全には取れず、
何か良いものは無いかと探したどり着いた商品がこちらです。

原液を薄めて使うタイプなので、
必要な時に欲しい分だけ溶液を作成できるのが便利です。

噴霧する→乾かすを3回ほど繰り返したら、
おしっこの臭いがぬけました。

試しにそれまで洗っても、
同じ箇所に反応していた猫を近づけてみても無反応になりました。

我が家では、

お湯をかける→ある程度乾かす

→バイオミックス→乾かす→バイオミックス…

と複数の手順を踏んで使用していますが、
その手間をかけるだけの効果はあると思います。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

(担当山下より)

この原液タイプは
納豆菌バチルスが1ccの10の10乗以上と
言われていますが
100倍から200倍に薄めて使う事ができます

使い勝手はいいのですが
欠点は
バチルスが胞子状態で液体にはいっていますが
水に溶かせたら活性化しますので
3日から1週間で使い切らないといけないこと

ですから
使用する分だけ水にとかせる必要があります

またいくら胞子状態とはいえ
液体のなかにありますから
安定感が粉タイプよりすくなく
原液を冷蔵保存しても
できれば3ヶ月以内で使って下さいとお願いしています。

ですが
納豆菌バチルスの培養原液そのものですから
殺菌成分を排除できれば
まちがいなく効果は期待できます

追伸

溶かす水ですが
水道水は腐りにくくするため
少し殺菌成分が入っています

もし手元にあるようでしたら
市販のミネラル水や
浄水器を通った水のほうが
効果が出やすいと考えています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする