バイオミックスの使用量について

バチルス菌

VOL.657

バイオミックスは
「納豆菌」という
微生物の働きによる消臭ですが
化学反応とは違いますから
おかれた環境に左右されやすい傾向があります。

その一つですが
微生物は陣地の取り合い的なものがありまして
勢力が拡大するとより力を発揮できることです。

自分に適した環境になると
増殖し、他の微生物より勢力を拡大し
その働きができるようになります。

簡単に言えば
仲間がオオゼイいたほうが
仕事ができるということです

そのため
部屋の広さや置かれた状況にあわせた量を使わなければなりません。

Fさん

ちょっとどころではなく、すんごいカビ臭い部屋にわらにもすがる思いで置いてみました。

緊急事態にもかかわらず使う量をケチったためか、
効果を感じるのに時間がかかりました。。。

2週間ぐらいしてカビのニオイがしなくなってきた!!

私は犬かと思うぐらいニオイに敏感なので、
これは確かな情報かと思います!!

これはすごいです!!

みなさん!
使う量をケチってはダメですよ。
効果に時間がかかってしまいます。

はじめ100gをお試しに購入したのですが、
結局足りなかったし、
効果があったので2週間後にリピートです!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

(担当山下より)

確かにバイオメンテナンスの一面をついたお話しだと思います。

環境があって仲間が多ければ働きが早い
でもコストの問題がある

私どもや
お客様の悩みもそこにあるのではないかと思います

そこで心がけているのが
効果的な使用量の目安
効率性です

いま皆様に紹介している
6畳の部屋のペットカビの消臭で使う量の目安は

バイオミックス、
カレースプーン山盛り1杯15g~20gを
プリンの空き容器にいれて最低3個ぐらい使って下さい
という案内になっています

この数字は
最初に紹介したときから2年ぐらいかけて
お客様の声を参考に導き出された目安の数字です

厳しい環境には
少し量を増やしたほうがいいかもしれません

状況がそれぞれ違いますが
一つの目安として
利用いただければとおもいます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする