(消臭剤)ペットがいるので安全第一に漂白成分の入ってないものを探していました。

猫

VOL.663

コロナのこともあるので、消臭剤は除菌、除菌という気持ちはわかるのですが
除菌だけですと果たして人間にとっていいことなのか
除菌と安全性は違います。

Sさん

満足しました

ペットがいるので安全第一に漂白成分の入ってないものを探していました。

結露のひどい部屋でカビ臭さに悩まされていましたが、
商品をおいてから徐々に
匂いが消え、1週間後にはほぼ匂いが消えました。
ペットのトイレの臭いも気にならなくなりました。

カビ臭い部屋にクローゼットを置いていたのですが
洋服も臭いが気になっていましたが、洋服の臭いもきにならなくなり、
すごく満足しています。

リピ予定しています。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

担当山下から

>安全第一に漂白成分の入ってないものを

バイオミクスを案内していて
安心、安全な消臭剤を求める人の多さに
驚いてます。

消臭剤って安心、安全は当たり前だと思っていたのですが
世に出ている多くの消臭剤は滅菌、除菌、殺菌をうたっていますので

子どもやペットの前で庵しいして使える消臭剤は意外に少ないかも

以下は滅菌、殺菌成分が入っている消臭剤に関する文章です
紹介させていただきます

★★★
数多く使うと効果が消え身体への毒性だけが蓄積される

国内の報告でも抗菌加工品から溶け出した薬剤のためにかぶれたり、気化した薬剤を吸い込んで頭痛や不快感を感じた例がいくつでもあります。どのメーカーのCMも小さな子供を守るイメージですが、実際は反対に不健康・不衛生を助長し、アレルギー体質化させていることを認識して下さい。

身体の中に除菌剤が侵入すると、白血球が除菌剤と戦うために、活性酸素が生じ老化を促進してしまいます。結果的に、皮膚を傷めることになるのです。また除菌スプレーを繰り返し使っていると、黴菌が薬剤に対して耐性を持つようになり、効かなくなっていくのです。反面、自分の身体へは毒性ばかりが蓄積していきます。

問題は、消臭・除菌スプレーがどんな化学物質や除菌剤が使われているか分からない点です。有機系の除菌成分や穀物由来成分などと書かれているだけで、非常に不明確(不透明)です。多くの健康被害が出ている関係上、スプレー製品にも表示義務や注意表示を義務付ける必要があると思います。

★★★

このあと子供たちの脳障害の可能性についてかいてあったのですが
この辺でやめておきます。

コロナみたいに得体のしれない怖さはこまりますが
そこそこの雑菌は人間を間違いなく強くします。

雑菌が多い牧場の子供にアトピーはいないとか
上に4,5人の兄弟がいる末っ子はアトピーにならないとか
赤ちゃん時代のそこそこの雑菌の中での生活が人間を強くするわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする