グリストラップ消臭剤、バイオミックスの使い方基本とよくある質問

VOL.696

グリストラップ用バイオミックスの基本的な使い方を
皆様からのよくある質問を交えてお伝えしたいと思います。

基本
グリストラップメンテナンス、成功するための3つの原則

1.殺菌剤が大敵、一緒に使わない
2.ぬるま湯に混ぜて散布量を増やし広い範囲に撒く
3.厨房作業終了後にまく

これで基本的な必要量を撒けばだいたいうまくいきます。
皆様からの質問で多いのは

Q.シンクの排水口から撒いていいのか

→→排水をきれいにするだけでしたらそれでもいいのですが
  臭いを消し、油を分解したいときはグリストラップにふたを開け
  水面全体に撒かなければなりません。
  バイオ液が掛かったところだけ臭いが消え、油が分解されていきます。

Q.どのぐらいのぬるま湯に混ぜればいいのか

 →→バイオミックスの粉に対してぬるま湯は100倍使って薄めてください。
  具体的な数字でいえば50gのバイオミックスに対して
  50(g)×100(倍)=5000CC=5リットル

Q.どのくらいの間隔でまけばいいか

 →→大き目のグリストラップで1週間に1回(300L以上)
  それ以下ですと週に2回ぐらいにして、1っ回分のバイオミックス使用量を半分にしてください。
  グリストラップの容積が小さいと、排水の回転率が高くなり、菌が流れやすくなるからです。

あるレビューから

Kさん

きちんと説明書どうりに使うと効果があります。
ぬるま湯で使用したほうが、効果が早めに出ます。
なぜか夏はあきらかに油の量が減ったように感じます。

しかしながら、漂白剤を使用すると、効果がガタ落ちします。
当方では、漂白剤使用の翌日に使用するように心がけています

担当山下から

>しかしながら、漂白剤を使用すると、効果がガタ落ちします。

これは本当に大切なことで
微生物の力で腐敗臭を消し、油を分解するのですから
微生物が一番力を発揮できる環境を与える気持ち
これが一番大切だと思いまうす。

バイオの力でいやなグリストラップ清掃を楽にしたい
さりとて塩素系殺菌剤をたくさん使って殺菌もらくしたい
いろいろな思いをあると思いますが、同時での両立は無理です。

お客様からのこうした問い合わせには
バイオメンテナンスはあきらめて
自分でやるか、メンテナンス業者にたのむか
それしかありませんとお答えしています。

  
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする