実家(空き家・2階建て)のカビや湿気の異臭に悩んでいました。

VOL.775

ここ数年増えてきたのが実家のカビ対策
多くは空き家になっている実家のメンテナンスですが
コロナに席巻された昨年はさすがに問い合わせが減りました。

よっぽどの用がなければ
簡単に戻れない時節柄ということでしょうか

ですが実家の管理はこれからの大きな課題になるはずです。

Tさん

圧倒的な消臭力です

実家(空き家・2階建て)のカビや湿気の異臭に悩んでいました。

300gを全て使い始めて2週間ですがほぼ気にならなくなりました。
バイオの力に驚いています。

おかげで気持ちよく整理・片付けが進んでいます。

半年間(来年の4月まで)の効果持続を期待しています。

ただ値段が我が家の家計にはとても厳しいので、
安くなればぜひリピートしたいです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

担当 山下

>ただ値段が我が家の家計にはとても厳しいので、
>安くなればぜひリピートしたいです。

胸が痛みますね

以前、書いたこともあるのですが
バイオミックスの値決め
私が消臭剤の世間価格を知らないできめたのです

というか
15年以上前ですが
それまで
グリストラップ、浄化槽用の
消臭、油分解で案内していたものを
そのままペット、カビ用で案内したから今の価格になってしまったのです

グリストラップ、浄化槽用として
当時案内していた価格が200g3800円
業界のおきて破りの安さだったのです

NHKでの特集でも扱っていましたが
当時、浄化槽用のバイオ製品は1g100円以上していました

ひと月の通常使用量200gで2万円から3万円
それが高すぎると思ったので
同じような規模のレストランでの使用料200g3800円というとんでもない安さで
営業活動に人件費をかけないネット販売を始めたわけです

ですから
ペット、カビ用の消臭剤として販売するとき
なんの疑問もなくはじまり
お客様の評判もよく、そこそこ販売できていたので
そのまま続けていました

ところが数年後
ひょうなことから入ったペットショップでびっくり

化学薬品を使った消臭剤の価格は500~600円
なんでいままでバイオミックスが売れていたのということで
初めて
価格の違いに気づいたのでした

いまでは
100円ショップでも消臭剤が販売されています。

と言っても
効果の具合や生産量から
15年、そのまま続けているわけです

消臭剤として
値段に見合った価値がなければ
すぐ市場から退場しなければいけません

宣伝もせず
口コミで少しづつ増えている現状ですが
皆様の支持がある間は
バイオ製品としてはおきて破りのこの価格
しばらく頑張って続けていくつもりです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする