(野良猫を保護) 畳の上とクッションの上に粗相をされてしまいました。

VOL.166

(バイオ原液)

Kさん

猫の粗相の臭いが消えました

ケガをしていた野良猫を保護したことから飼うことになり、
猫のことは何もわからない状態で毎日悪戦苦闘していたところ、
畳の上とクッションの上に粗相をされてしまいました.

ごく少量だったのですが独特の臭いが抜けない為、
ネットで色々調べてたこらのバイオミックスを購入。

原液を薄めて畳とクッションにスプレーして
扇風機を回して室内を締め切っておいたら
二日後には畳、クッション共に臭いが消えました。

猫は一度粗相をした場所に繰り返しするとのことですが、
その後畳のその場所にもクッションにも見向きもせず、
他の場所に置いてあるトイレをきっちり使ってくれています。

まだ粉末の方は開封していないのですが、
のオシッコの臭いを見事に消してくれたので
下駄箱やタバコの臭いは楽勝なような気がします。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

担当山下から

>原液を薄めて畳とクッションにスプレーして
>扇風機を回して室内を締め切っておいたら
>二日後には畳、クッション共に臭いが消えました。

粉タイプのバイオミックス
液体タイプのバイオ原液
どちらにも参考になるくだりです

スプレーして
>扇風機を回して室内を締め切っておいたら
>二日後には畳、クッション共に臭いが消えました。

上の2行のコメントから

まず部屋を閉め切っておくと
納豆菌が外に逃げにくい
扇風機で部屋の隅々まで菌が回りやすい
自然乾燥させたので菌が働く時間が十分あった

上記のことが考えられます

よく失敗する方は
部屋を開けっ放しでにして臭いを外に出している方とか
まだ乾燥していないのに
次のバイオ液をかけて液がしみ込んでいくことができない

3回もかけたのに
臭いが消えないという人は
だいたいそういうやり方をやっているようです

バイオ原液は
化学反応で消臭するわけではありません
あくまで微生物の生命活動で臭いを分解してしていきます

微生物の働く時間を十分確保してください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする