押入れ、窓側の壁がカビ臭く、寝ていても気になるくらいで

VOL.735

ちょっと気が早いけど
これから冬にむかって、しめっ切った部屋、暖房などで高温多湿になりますと
室内はカビが発生しやすくなります

押入れ、壁のカビは
カビの定番場所です。

今日、ちょっと肌寒いのでこんなレビューを選んでみました。

Yさん

押入れ、窓側の壁がカビ臭く、寝ていても気になるくらいで、特に押入には服を収納していた為、
本当に困っていました。

夜にカビ臭のひどいところへ(カレースプーン1杯分の量を)
何個か多めに置いてみたところ、
翌朝にはひどかったカビ臭が全くなくなっていました!

その後も、換気に気をつけながら様子を見てみました。
2~3日はカビとは違う臭いがありましたが、
2週間程たった今では、その臭いもなくなりました。

信じられないくらいの即効性です。
お店の方の「彼らに十分な環境を与えてやれば、
微生物は必ず期待にこたえてくれます」との言葉は本当でした!

本当に感謝してしています。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

(担当山下より)

かび対策の基本は
部屋を清潔にして、掃除をしっかりとして
除湿と温度管理をすればカビは生えないのですが

いうは易しで簡単にはできません。

カビ対策の理想を叫んだところで
私には実現不可能だということはわかっています。

窓を開ければ
外からカビ菌がはいってくるし
閉めておけば空気の換気がおろそかに部屋がしけってくる

悩みはつきません

そこでバイオミックスの登場となるわけですが

使う皆さんには
バイオミックスの納豆菌、彼らが働きやすい環境つくり
そのことだけに心をくだいてください

考え方は
自分がされたら嫌だなと思う環境をつくらない

たとえば
滅菌性の消臭剤、自分の顔にかけられますか

殺菌性のカビ取り剤、コドモにかけられますか

そう感じたら、使用を控えてください
一度まいた毒素は簡単にはきえません

そして残留物として結構長く残る可能性もあるのです。

毒素のない環境
それだけで
バイオミックスは力を発揮することができます

もう使った後でしたら
できるだけ別にして
拭き取れるものは拭き取る

微生物が使われているバイオミックス納豆菌も
安心、安全をもとめているのです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする