コロナウィルスなんかに負けないぞ !     バイオミックス用の不織布でマスクを作ってみました。

風呂場と袋
(バイオミックスをいれる専用不織布)

VOL.634

世の中、コロナウィルスで大変ですが
大変といえばマスク不足
なんとなく大丈夫そうなニュースもながれるのですが
寒空の中、開店前に1時間近く並んでみるとマスク不足の現実が身に沁みます。

並んでいる間に本当に風邪ひきそう

入荷するかわからない中で
とにかく我慢して並んでやっと7枚入りを手に入れましたが
なんか、こんなことやってられないなという思いも

そしたら
家族の一言でちょっと光が見えてきました。

「不織布ってマスクにいいみたい」

え!そうなの
そういえば、うちでバイオミックス用の不織布袋使っているな
それでマスクの代用品作れないかな
そう考え早速作ってみました。

写真で分かるように
とめは全部ホチキスです。

5,6分でできたかも
不器用な私には珍しく狙いどうり行きました。

私どものスタッフには大きすぎるとかいわれましたが
サイズなんか、その人に合わせて小さくすればいいだけですし
私的には充分代用できると思っています。

袋状のものを1枚の紙にのばして作っていくわけですが
私どもの不織布、普通のものより目が細かい、そしてけっこうしっかりしている
それで完全にコロナウィルスを遮断するとは言いませんが
直接的な飛沫感染などは充分防げそう、内側にガーゼやティッシュをいれたら
より完ぺきになるかもしれません。
満員電車の中ではそれだけでも安心につながると思います。

ゴムや鼻にあてるワイヤーは既存のものを使いまわしましたが
呼吸も抵抗なくでき、大きささえ使う人に合わせれば十分行けるのではないかと思います。

今のところ店舗でマスクのストックを確保していますが
これで長期戦になっても大丈夫
コロナウィルスにまけません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする